読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳一歩手前、どん底29歳 ルークの這い上がりオナ禁ブログ修行成長日記 -全ては勝つため-

陽の当たらない人生を歩いてきましたが、それはオナニーの射精による活力の損失が全ての原因であると判断し、どん底から這い上がるために立ち上がりました。

対人がうまくいっている オナ禁44日目

オナ禁の効果を改めて実感・確信できる出来事がありました。

それは、オナ禁していなかった時よりも、対人がうまくいっているということです。要はコミュニケーション能力です。

前にも書きましたが、まず相手に流されることがなくなり、静かに自分のペースを貫けるようになり、相手に対し思いやりを持てるようになり、相手優先にし、共感をし、相手の否定をしなくなり、礼儀正しくもなりました。

強硬な態度でハードに接することから、ソフトに柔らかい物腰で接することへの変化を感じました。慎ましくなったというか、余計な変なプライドを持たなくなりました。とにかく物腰が低くなったというか、相手に対し思いやりや共感を持つようになりました。

そして、本当に必要な言うべきことは言うようにもなってきています。

相手目線も変わってきているのを実感しています。

オナ禁していなかった時は話している相手のノリが何となくアレでした。

が、今は話している相手のノリが結構良くなってます。

初対面の人や他人の自分に対する目が変わってきているのがわかります。

 しかし生活が辛いことには変わりありません。

本当に何度も記事に書いてすみません。しかし、生きること自体は本当に辛いのです。

うまくいってはいるが、楽ではないということです。

地獄です。

しかし対人関係を実感できたりしています。

また一歩進むことができました。

オナ禁、ヤバい。

ハードルは小さい物から オナ禁43日目

世の中には現状を見ずに準備もしないで何かをやろうとする人がいます。

 

無謀です。

いきなりハードルを高くして跳べるわけがありません。高いハードルを跳べたとしても、物凄いエネルギー消費で、その先に進むどころじゃなくなります。

ジャケットを着ないでセレモニーに参加するのと同じことです。

小さいハードルを跳び、着実に準備しろということです。

 

準備は大事です。

性欲をまともに相手するな オナ禁42日目

先日、怒りについて書きましたが、怒りを抑えられることは多くなりましたが、なんというか、抑えられなかった時の衝動的な怒りが大きいです。

怒りの回数は減ったものの、一度の大きさが大きくなりました。

かんしゃくというか、火山のようにドーンと出る感じです。

しかし、それでも怒り狂って暴挙に出るまではいかなく、オナ禁していなかった頃に比べれば衝動は抑えられるようになっています。

オナ禁の効果は本物だと思います。ただし性交もしないことを含めてです。

先日、俺がデビューし本格的に活動することになったのも、オナ禁が関わっていると思います。

 

「〜日長期オナ禁やってみた 効果なし」とかそういうブログをよく見ますが、

彼らのブログはオナ禁について書いてあることがほとんど嘘です。

彼ら、途中で絶対にリセットしてます。

彼らのブログをよく見てください。広告や別商法サイトへのリンクがありませんか?書いてあることが適当だったり少しおかしいと思いませんか?

彼らの30日目までぐらいの結果が、俺の体験と全く異なります。

性欲のムラムラが1週間で収まるとか書いてる人いますが、絶対嘘です。ムラムラは収まることはありません、しかしそれで自慰をしようとは思わなくなる、禁欲することで前頭葉が鍛えられて、ムラムラではなく自慰を抑えられるということです。

性行為とは子供を作るためにあるものです。愛を育むとか、そういうのは良いと思いますが、射精のしすぎはよくありませんし、ポルノは破滅に繋がります。

射精は百害あって一利なし、これマジです。

もし何かを成し遂げたい人がいるなら、性欲は敵です。

性欲は敵です。

ポルノは敵です。

性欲をまともに相手してはいけません。

性欲が出てムラムラしてきても、それをまともに受けてはいけません。

性欲がこっちを見ていても、こっちは自分がやるべきことに目を向ける。

オナ禁によって見えていなかった世界が見えてくる オナ禁41日目

昨日、怒りを抑えられるようになったと書きましたが、全て抑えられるようになったわけではありません。

減っただけで、時々衝動に駆られることはあります。

しかし、以前よりはマシになっています。

 

以前オナ禁を続けていた時にも感じましたが、オナ禁を続けていると、見えていなかった世界が見えてくるようになってきます。

なんというか、意識が真剣になっていきます。オナ禁していない時よりも穏やかになるのに、オナ禁していない時よりもパワーが出ます。

絶対に目標まで行ってやるって気になります。

しかも、今回は亜鉛サプリなどを摂っているので、以前よりも効果が出ているように感じます。

そして、夢精が一切ありません。以前エロ禁していなかった時は夢精したことがあったのに、今回はエロ禁をしているからか一切ありません。やはりポルノ鑑賞が全ての引き金になるということです。

そして、ブログをやっているというのがとても大きな支えになっています。

オナ禁の最高記録が7週間ぐらいなので、それを超えればもっと見えていなかった世界が見えてくると思います。

 オナ禁していても性交などで射精していては意味がありません。結婚した男はよくオッサン化や劣化するといいますが、それは性交で精子を放出しすぎてジヒドロ・テストステロンを増加させているからです。

当然、オナ禁をしていて射精を一切していない独身男のほうが魅力があります。

結婚しても劣化しない人はやはり性欲をコントロールしているのだと思います。

1年間性交を禁じていたモハメド・アリが、1年後、チャンピォンになれたのがよくわかります。

今回はマジで本気なので、このままだともう自慰をすることはないと思います。

デビューできたり脳が鍛えられたり真剣になったり、オナ禁、やはり本物です。

何度も記事に書いていますが、不安や辛いのが消えることはありません。それはずっと同じです。とても苦しいし、地獄で、辛いです。

しかし、負けることはないということです。

最短距離をトップスピードで オナ禁40日目

最短距離をトップスピードで行くべきだと思うようになってきました。

なぜならトップスピードで行って作業を早く終わらせられる。

そしてトップスピードで行かないと間に合わない。

以前、ダラダラしたほうがうまくいくと書きましたが、ダラダラして力まないとトップスピードで進めます。

要は自分のペースでいいということです。

俺の場合は、トップスピードで行っても問題なさそうです。

前の記事にも書きましたが、スピードを落としすぎるとエンストしてしまいます。

それからオナ禁について、オナ禁は徐々に効果が表れるようです。

本当に徐々にパワーアップしている感じがします。

ここまでで感じた効果は、理性が鍛えられているというのが一番大きいです。

  • 話している相手の言うことを否定することが減った。
  • 話している相手に否定的な言葉を言うことが減った。
  • 落ち着いて話せるようになった。
  • 衝動を抑えられ、怒りを抑えられるようになった。
  • 他人に流されることが減り、自分のペースを貫けるようになった。
  • ミニスカを履いてる女性や肌の露出が多い女性を「悪い女・汚い」と見下すようになった。

辛いと感じるのは、変わりません。

険しく過酷な道のりなことには変わりありません。