30歳一歩手前、どん底29歳 ルークの這い上がりオナ禁ブログ修行成長日記 -全ては勝つため-

陽の当たらない人生を歩いてきましたが、それはオナニーの射精による活力の損失が全ての原因であると判断し、どん底から這い上がるために立ち上がりました。

強制力と気合・根性・努力・忍耐 オナ禁4日目

最近体調が少し悪いです。

サプリの影響なのかわかりませんが、常に寝不足というか。

朝起きた時、寝起きが悪く目が覚めてエンジンが付くまで行動できません。

毎朝眠気覚ましに缶コーヒーを飲んでいますが、カフェインが良くないのか近々やめてみることも検討しています。

無印良品松井忠三の「無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい」という本で、「できるまでやる、やり遂げるしかない。覚悟を決める。」という言葉が出てきます。

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい | 松井 忠三 |本 | 通販 | Amazon

堀江貴文も「結局何をやるにしても気合と根性ということになります。」と言っています。

気合・根性・努力・忍耐も必要ですが、そういう精神を持つのには、筋の通る具体的な行動が必要になってきます。そして更に行動をする前に、情報・知識が必要になります。

まずは情報ということです。

前述の松井忠三の著書で「丁寧に説明し、わかってもらうようコミュニケーションを取るのは重要であるが、それでも理解してもらえない場合は思い切った行動をとらなければならない。強制力。」といった言葉も出てきますが、そのように強制力がコツだと思います。

まずは情報を収集し知識を入手し、生活や環境の改善など物質的なことを先に変えることで、精神は自ずと強制的に変わっていくと思います。

前日のポルノ脳の記事もそうですが、エロ禁をするために検索エンジンにフィルターを設定し、エロ禁をすることによって強制的にオナ禁が続き、オナ禁によって脳や精神が強制的に変わる、ということですね。

情報・知識→行動→精神の変化と、強制力はきちんと線と線で繋がった一本筋の通る順路立った構造になっているわけです。

強制力」とても素晴らしい言葉です。