30歳一歩手前、どん底29歳 ルークの這い上がりオナ禁ブログ修行成長日記 -全ては勝つため-

陽の当たらない人生を歩いてきましたが、それはオナニーの射精による活力の損失が全ての原因であると判断し、どん底から這い上がるために立ち上がりました。

苦しすぎるのは正念場だから オナ禁30日目

先日、人生は難しいと書きましたが、苦しすぎる今が「正念場」だと思います。

正念場とは自分の真価を問われる最も大事な場面、今まさにその時だと自覚しています。
苦しすぎる、それは正念場で一番大事な時だから。そう捉えるようになることができました。
オナ禁すると目覚めが良くなると聞きますが、早寝早起をしていると良くなります。
しかし自分は夜起きていることが多いので、目覚めが良いとあまり感じていません。

正直な話、オナ禁の効果があまり感じられていません。

以前もオナ禁をしていましたが、その時は早寝早起をしていて、オナ禁の効果を実感できていました。

早寝早起が鍵のようです。

効果というか、怒りっぽくなりました。普段は平静を保てていますが、キレた時には言葉を選ばず一気にガーーッといくというか、スーパーサイヤ人効果というより、ナルトで負の感情に呑まれて九尾チャクラに呑まれた九尾モードに似ています。以前にも書きましたが、九尾チャクラのコントロールができなければ大事な人を傷つけてしまいます。やはりそれには抗うのではなく、受け入れるということが必要になってくるわけですが。

感情論ではなく、抗わずに、受け入れ、具体的な行動によって改善する。

これも夜遅く起きていたりすることから来ているのかもしれません。

人間は夜遅く起きていると自律神経が悪くなります。それによって、オナ禁とサプリで増加したテストステロンを上手くコントロールできなくなっているのだと思います。

やはり早寝早起をそろそろ本格的に行動に移さなければヤバいと感じています。危機感ってやつです。

オナ禁で感じられた効果かもしれませんが、禁欲を行なっている上で、仮にオナ禁を失敗するとしても、オナ禁失敗に問題はなく、失敗してもオナ禁を「心がける」ということが大事だと思えるようになりました。そして、それが本質だと、そう思えるようになりました。

リセットの衝動に駆られることもありますが、何を思ったところでどうにもなりません。

これからどうなっていくかは全く予想できませんが、やるべきことを淡々と続けていくだけです。

それが唯一の正解であり、他にやり方はない。