30歳一歩手前、どん底29歳 ルークの這い上がりオナ禁ブログ修行成長日記 -全ては勝つため-

陽の当たらない人生を歩いてきましたが、それはオナニーの射精による活力の損失が全ての原因であると判断し、どん底から這い上がるために立ち上がりました。

突然の夢精アクシンデント オーマイガッ オナ禁66日目

先日、夢精をしました。

オナ禁始まって以来のことです。

酒を飲んだのが原因のようです。

先日、デビューや芸能活動スケジュール決定、決起などの祝い事で酒を飲まなければならない状況になりました。

酒が夢精につながるというのは知っています。

自分は普段酒を飲まなく、祝い事だけで酒を飲むと決めています。

そして、それに加え、祝い事で酒を飲まなければならない状況になりました。

それゆえ、どうしても酒を避けることができませんでした。

フカコウリョクってやつです。

エロ禁もしているし、まさか今酒飲んで夢精をするとは思っていませんでしたが、酒というのは例えエロ禁をしていようが夢精に強く結びついているということを今回のことで改めて認識し、肝に命じました。

そして、最近色々とかなり臨戦態勢で緊張状態でした。それゆえ、休息できる睡眠時にその分気が緩んでしまったのかもしれません。

祝い事で酒を避けることができない、エロ禁をしている、臨戦態勢で緊張状態。

なので、この場合の夢精はOKとします。

これからは「オナ禁中に夢精をした上でオナ禁を続けるとどうなるか」ということも検証していきます。

物は試し。

自分はオナ禁に依存しているというわけではなく、オナ禁を試しているだけです。

オナ禁を完璧に成功させることが目的ではなく、夢精なども加えてオナ禁をするとどうなるのかを知るための実験が目的です。

どういう状況であろうが、オナ禁をとにかくひたすら続けるとどうなるのかということを試すのが目的です。

夢精というのはオナ禁中にしか起こったことがないので、「オナ禁をしている証拠」ということの裏返しだと思います。