30歳一歩手前、どん底29歳 ルークの這い上がりオナ禁ブログ修行成長日記 -全ては勝つため-

陽の当たらない人生を歩いてきましたが、それはオナニーの射精による活力の損失が全ての原因であると判断し、どん底から這い上がるために立ち上がりました。

ピンチはクールダウンで対処 私情に流されるな オナ禁75日目

最近、息の詰まることが多すぎます。

悩んで悩んで、悩み抜いた結果、「クールダウン」することにたどり着きました。

プレッシャーがかかっている時にヒートアップして騒ぎ立てても余計に状況が悪化するだけ。

そんな時には、クールダウンでペースを0に戻す。

どんなに辛くても、平静を持ち、一つずつ見ていくほかはないのだ。

 

本当に大事なことなら、それを邪魔する者はそれが家族であれ親友であれ、どんな手を使っても叩きのめすべきだと思います。

真田幸村は、大坂の陣で大義のために大阪側に付き、信濃の真田一族を敵に回しました。

徳川家康も死ぬ間際に、息子の秀忠に「おぬしの政令に背く者があれば、それが家族であれ仲間であれ、容赦することなく問答無用で処罰せよ。」と伝えています。

 

窮地を脱するのに、決して私情に振り回されてはならんのです。妥協していては大事なことを成し遂げられません。本当に大事なことにおいて、私情も妥協も、そんなのは人情でも何でもない、ただの愚か者です。

 

私情より大義。妥協ではなく果断。

人情は大義の中にある。